楽しく有意義なであい募集

今日日インターネットを使ってであい、仲良くなってと実際に遊んだことがある人は結構多いのではないかと思う。
特に二十歳前後が一番多いのではないかと思う。
三十代、四十代より上の世代はネットで、であい募集をすること自体を危険視している輩が多い。
ほんの一部の例外的なトラブルや事件を例に挙げだ。

▼であい募集サイトランキング▼

らぶめーるcutie

登録すればわかる人気の秘密♪恋人や結婚相手探しはもちろんのこと、メル友、セフレや割り切りなどちょっと大人な出会いに至るまで。どんな相手でも探せる人気コミュニティ。貴方の運命の相手は意外とそばに… 話題の出会いコミュニティで理想の出会いを♪

アダルトエピソード

イマドキ出会いにお金かけるなんてナンセンス!!
アダルト系SNSの最高峰は全機能が無料で使えるんです!!
「もっと刺激的な出会いがしたい」そんな貴方にオススメする大人の為の出会いコミュニティ。

アイメール

ユーザー第一の運営方針を貫き、常に多くのユーザーを惹きつける人気老舗サイト! サクラや業者の排除を徹底的に行っており、他のどのサイトよりもサクラや業者との遭遇率が低いことが自慢です。地域検索にも力を入れており、恋人はもちろん、セフレだって近所で見つけられます!

PCMAX

長年運営されている信頼と実績が自慢の人気老舗出会い系サイト! 真面目な恋愛を求める男女が多いサイトですが、そこは断トツの会員数を誇る老舗。セフレなどそれ以外の出会いにも臨機応変に対応可能ですよ!


実際多くの若者が有意義であいの場をネットで手に入れている事実は無視している。
無視しているというよりも、理解できないのだろう。
それくらいになってくると脳みそに柔軟性がなくなって、新しい価値観というものがなかなかスッと頭に入らなくなってくる。
ネットのであいがどんなものかよくわからないからテレビのニュースなどでたまに流れるであい募集サイトで知り合った男女の事件が全てだと思ってしまっている。

ネットのであいのおかげで救われた方がどれだけいるだろうか。
現実では、なかなかであいのチャンスの無い場合でも、ネットのおかげで良縁を手にすることができたなどといった話は巷に溢れているのだ。
であい募集サイト、そう聞くとイメージが悪いが、ネットのであいは他にも色々ある。
仲良くなってしまえば正直な話きっかけなどは些細な問題ではないだろうか。
問題は、いかに自分と相性のいい相手と知り合うことができるかということだ。
ネットのであい募集を否定する年寄り連中は現実にしか良縁がないと思っているのだろうか。

ネットのであいはきちんと気を付けるところに気をつければ危険なことは全然ない。
むしろであいの可能性がグンと広がるのだ。
現実でであい募集をしつつ、ネットでも並行してであいを探すことだってできる。
最近は運命の赤い糸がLANケーブルを通して繋がっていたりすることだってある。
ネットのであいに対して悪いイメージを持つのは時代錯誤としか言いようがない。
そういう場合は一度、健全なコミュニティサイトで友達を作り、その友達と遊んでみることをおすすめしたい。

自分でそれを経験すれば、いかにそれが普通で楽しいものかわかるはずだ。
きちんと使い方をわかっていれば、ネットのであいは楽しく有意義なものなのだ。



話で盛りあがれるであいの見つけ方

ネットでであいを実現するためにはその前に知り合った相手とお話をしなければならない。
まあそりゃ当然のことで、であい募集の書き込みに反応してくれた人にいきなり会いましょう、はいそうしましょうといくわけがない。
まずはお話をしてみて、ああ、この人は面白い奴だなとわかってからであいに繋がる。

共通の趣味の相手を探すのはよくある手だがなかなか賢い手だ。
最初から共通の趣味、話題があるので話しかけるきっかけにもしやすい。
趣味の話で盛り上がるなんてことも十分にありうる。
ただ同じ趣味だからといって必ずしも話が盛り上がるとはかぎらない点もきちんと覚えておいてほしい。
経験則だが、まったく趣味が一致していなくても大いに話が盛り上がる事なんてのも意外とあったりするのだ。そして逆に趣味はばっちりなのに全然話が盛り上がらないこともある。

人はIQが20離れると会話するのが難しくなってくるらしい。
実際に会話できなくなるというわけではないが、IQの高い人が低い人に合わせて喋るので疲れるということになる。
IQの低い人にありがちなのは、話の主語がはっきりしない、などはよくあることで。
すぐには分からないだろうが、もしかしたらIQが近い人、というのもであい募集する上では重要なファクターなのかもしれない。
一度ネットであい募集サイトで知り合った人のIQの統計でも出してほしい。
IQ差がある場合と無い場合、であいに至っているのはどちらが多いのか。

ところで余談だが、IQが高い人だけが利用できるであい募集サイトというものがアメリカの方でできたとかできないとか聞いた。
なんでもメンサが関わっているとか。
メンサが関わっているなら本当に高IQの人ばかりが集まりそうだ。
というかそもそも、であいが成立するだけの人が本当に集まるのだろうか。
ちょっと気になる。男女比とかも気になる。男の方が圧倒的に多そうだが……。

閑話休題。
ネットでであいを見つけるためには、ただ見た目だけに拘ってはいけない。
むしろ話が盛り上がるかどうかで決めた方がいいであいになると思う。
人間見た目より中身だなんていうけど、たしかにって感じ。
中身のマッチする人が見つけたいね。



ネットでであい募集向きの人もいる

ネットでであいを募って恋人を作るのは結構簡単だ。
もしかすると、現実で恋人を作るよりも簡単かもしれない。
まあ作るのは簡単というだけで、それが上手くいくかどうかの保証はしかねるが。
とりあえずは、現実とネットの恋人募集のやり方は一緒でも、注目される点が違うから、性格的にネット向きの人、現実向きの人がいるのは間違いない。
もし、現実での恋人探しに頓挫しているようならば、ネットで恋人探しをしてみたらどうだろうか。

基本的に人間第一印象というものがかなり大事だ。
後から本質がわかって……という場合ももちろんあるが、まずは第一印象が最悪だとその後もう接点を持ってくれないかもしれない。
現実でいうところの第一印象というのはほぼ見た目だ。
だから見た目がいい人ほど、現実では有利なのである。
ところがネットの場合、この第一印象はそれほど容姿に依存しない。
そしてネットの場合は、プロフィールやミニブログ的なつぶやきなど、そういったどちらかというと内面の出る部分が第一印象になる。
だからこそ、外見に自信なしの人はネットのであい募集が向いている。

ネットの場合、例えば、プロフが全部空欄だったらば、話をしたいと思うだろうか?
どんなに実際に話が合って相性バッチリの人でもこうしたネットでいうところの第一印象に気をつけられない人は恋人探しも捗らない。
現実ではある程度オシャレをするわけだが、ネットではそういうわけにもいかない。
もちろん見た目が自分のアピールポイントならば、アイコンや写真などで精一杯アピールしておこう。
美男美女はネットでも十分に武器として使える。
肝心なのはその自分の武器を、効果的にアピールできるかどうかだ。

せっかくネットを使って恋人募集をするのならば、できるだけ多くの人に声をかけよう。
ネットの強みは多くの人と知り合えるところにあると思う。
だからこそ、できるだけ広く深く、たくさんの人とかかわりを持った方が、恋人募集が捗るのではないだろうか。
そして、自分の魅力をアピールして、見事、愛しの恋人を射止めてほしい。
これからもネットを利用する人は増えていくから、出会いの可能性はまだまだ広がっていくよ。

タグ

このページの先頭へ